キリン 一番搾り

キリン 一番搾り

キリンビール

ASIN:B01BV2DQH4

この商品の詳細ページへ

この商品へのクチコミ

メッセージ

外食のときでも、やはりとてもアルコールの薄い酒を飲む事がほとんどですけれど、時々、男が好むようなお店等に行ったら、カクテルや女の人向けのチューハイという種類がなかなかメニューにないのです。以前、酒豪だらけがが集うみたいな居酒屋に出向いたときは、酎ハイでさえお店の人は作った事があまりない、といったありさまでございました。そのときはほかの客達も大笑いしていて、どなたかがアルコール飲料をちょっと入れて、ソフトドリンクで割ればいいのではと、提案して下さったから、やっとわたしにも飲む事ができるアルコール飲料を出してもらう事が出来ました。わたしはアルコール類はあんまり得意ではありません。週1で、主人の宅飲みに付き合って酒は飲んでるんですが、ものすごく度数の薄いカクテルや酎ハイの350mlの缶を1缶のむことがいいところです。2つ飲んだら早くも布団に行かなければいけない様子になるから、摂取量は少々配慮しないといけない事が寂しいところであります。亭主の友だちなどは、兎にも角にも酒が好きで沢山呑む方なので、初めはビールをのむのですけれど、後はずっと烏龍酎ハイを飲み続けるのです。この方がお宅にやって来た時も、烏龍ハイの為のセットを準備していたのですけど、ともかくもの凄い量を呑むので、主人が付き合って飲んでいくうちに潰れてしまいました。振り返れば烏龍酎ハイ趣向の人には、飲兵衛の人がほとんどだと思います。以前一緒に勤めていた、自分と同じ年の女の人も、烏龍ハイが大好きとおっしゃっていました。また、酒豪でございました。殆どは外で友人達と呑んでいるらしいのですが、自宅でも毎日のように呑むという事だったのです。その上、この飲み方が、カップ半分が焼酎を入れて、あと半分が烏龍茶、といったモノで、とてもキツイウーロンハイなんです。会社の飲み会で共に飲んだ事はあるのですが、このときもキツイ烏龍ハイを頼んで飲んでました。そして酔っぱらい、かなり愉快になり、同僚たちを笑わせてました。家は、お酒を飲むのは亭主ひとりなんです。旦那もアルコールはとってもすきで、昔は相当飲んだようなのですが、近年ではさほど量を飲む事はなくなったと自分で感じているみたいです。ただ酒類をふだん全然飲まないわたしからすると、ワイン1本等開けられてしまうと、案の定やりすぎと感じてしまいます。それでも、乱暴な飲みかたをする事は無いので、良しとしています。

ページの先頭へ

携帯用QRコード

キリン 一番搾りの携帯用QRコード

カテゴリー

原産国

日本の産地

ブランド

ページの先頭へ